考え方

右脳を刺激して自分自身を解放する!感覚を形にするためにできること。

右脳を刺激して自分自身を解放する!感覚を形にするためにできること。

こんにちは、12感覚を育てるレッスン主宰のみほです。
今は事業の目標を立てたり、それに向かって行動計画を作ったりな毎日です。

私結構、忙しい人だと思ってもらうことが多いのですが、すごい暇です。
めっちゃ暇。(笑)

ご存知の通り、余白にこそ本質が垣間見れると思っているので、むしろ暇じゃないと嫌。(笑)

ということで、そんな日々で最近はどんなことを学んだのか?についてシェアします。

右脳を刺激する方法!抽象画ワークショップに参加

抽象画を書いてクリエイティブな脳になる

普段、私がネオ瞑想 でもお世話になっているワインワークスさんにてアートのイベントが行われました!

その名も「右脳を刺激する、抽象画ワークショップ
イベントを主催する友人から誘ってもらって参加。

感想から言うと、めっちゃ楽しかったです。

普段は絵なんて書かないのですが、感覚派の私はその感性を有形にするという概念にとても興味がありました。

(元)完璧主義者なので、今までは何かを書いたりするときは「上手に」が先立ってしまっていたのですよね〜。

ですが今回はその邪念を取っ払って、思うがままに描いてみようぜ!

なスタンスだったので、参加者それぞれ自由に表現していました。

私の作品はこちら。

右脳で描く抽象画

宇宙をテーマに、土星を書きました。

その場にいた参加者の皆さんが、この土星の存在に気づいてくれてめちゃ嬉しかったです。

ちなみに、親に写メで送ったら「何がテーマ?」と聴かれて「うちゅう」と返事したら既読スルーされてますw

右脳で描く抽象画

みんな笑顔が素敵〜!!!個性が出てて素晴らしい。

不思議と、作業に没頭すると頭がスッキリして整理整頓。

普段あまり考えてないように思えても、実はたーくさんのことを考えているんだなぁと。

だから、一度頭が空っぽになる感覚を知らないことには、現状が「空」の状態だと思っているだけで実はそうじゃないということですよね。

右脳を使ったことから学ぶ「自己流」の限界

そんなこんなで、あースッキリした!と思っていたら、気付いたんですよね。
「ネオ瞑想した後の感覚に似てる〜」って。

手前味噌に聞こえるかもしれませんが、私一人でメンテナンスかねてネオ瞑想することがあるんです。

するとやっぱり、頭の中の霧が晴れてわーい!みたいな感覚になるのです。

それに非常に近いものがあるな〜と。

そして、今まではそのアプローチでしか脳を解放することが出来なかったけど、次からは抽象画を描くことで違った感性を刺激することができるじゃないか!!と。

これも参加しなければわからなかったことだし、頭では「右脳を使うと感覚が刺激されるのね、ふむふむ」と思っていたところで実際にやってみないことには何の身にもならないということです。

だから私もよく、本気なら専門家のところに相談に行くのが近道だと伝えているのですが、まさにそうだな。と。

自己流で完結しようとしてる人はよく見ますし、トライしていること自体は素晴らしいと思います。

ただ気にしておきたいのは、自己流にこだわっていると1年で解決できることが5年かかるかもしれないよ。ってことですよね。

そもそも、どの情報を取捨選択したらいいのか、専門外のことなんてわかりっこないのですから。自分一人で解決できることの方が少ないのですよ。

そして専門家に相談するのにお金と時間を出し渋っちゃう人は勿体無いなぁ…なんて思ったりもします。

人に頼るのが苦手。を克服する考え方

頼ることができるのはプラスになる

年末から私自身が課題解決に向けて試行錯誤している中で、一番の学びは「助けてが言えるようになったこと」だと感じています。

人に頼ることは自分が出来損ないだからでも、ダメ人間だからでもなく。

自分の得意と不得意、好きと嫌い、強さと弱さを認めることができるから人に助けを求められるのではないかなと。

実際に、私は昨年末まで生活リズムが今とは真逆で夜型だった上に、家のこと(洗濯やら食事作りやら食器洗いやら…)を一緒に住むパートナーにうまく頼むことができなかったのです。

※誤解のないように言っておきますが、パートナーは自らも積極的にやってくれますし、私が頼んだ時は文句も言わずにやってくれる人です。

自分で勝手に「頼ってはいけない壁」を作り出し、キャパオーバーしてショートしてました。w

最悪、今考えるとほんと嫌なやつです。(笑)

自分を認めていくプロセスには、様々なものがありましたが

一番の大きなきっかけは「頼ってもいいんだよ」と言ってくれる人の言葉を信じることができたからだと思います。

それはつまり、自分のことを信じることができたからです。(自信が付いてきた)

そして出会った人たちが門を開いて待っていてくれて。

開かれた門に歩み寄っていくことさえできれば人生は変わるんだなと。

人はひとりでは生きていけないのです。

それは知識としては「当たり前」に感じるかもしれません。

あなたは、経験として人との関わりを育めていますか?

そんなことを大事にしていきたいと思っている今日この頃です。

お知らせ

そうそう、以前も自慢しましたけれど、名刺が新しくなったのですよ!

想いの詰まった名刺なんですよね。

木村みほ COHPLUS フェルデンクライス

この名刺を実際に肌で感じてもらいたい!というのもあり。

2月から開始している「無料個別相談」へのお申し込みお待ちしております。

・自分の「好きと得意」を形にしたい
・今の生活に刺激が欲しい
・心身の体調を整えたい
・行動する後押しが欲しい
・悩みを聞いて欲しい
・変わりたい
・自信が欲しい

一個でも当てはまる方は、 ぜひお話ししましょうね。

私の目標は10月にレッスンスタジオのオープン!
経過報告もしていきますので、応援してねーーー!!

  • この記事を書いた人

mihokimura

-考え方

Copyright© COHPLUS , 2020 All Rights Reserved.