考え方

感覚を刺激すると身体が変わる!アロマスティックでお洒落にセルフケア。

アロマオイル 嗅覚 身体 固い 柔らかくする方法

肩こりや腰痛に悩んでるなら必需品!?かわいいアロマスティックで快調の秘密。

COHPLUSではボディワークを通じて、わたしたちがもつ「感覚」を発達させていくことをお伝えしています。
感覚を刺激することで、心も体も健やかになるシステムが人間には備わっている、というのが大きな理由です。

ですが感覚とひと口に言ってもイメージが付きづらいかもしれません。

なぜなら感覚自体はとても曖昧で、目に見えないことの方が多いからです。

今日は、メジャーに知られている人間の持つ「五感」のひとつ、【嗅覚】についてお話ししようと思います。

嗅覚とは?

人間の持つ身体の感覚のひとつに【嗅覚=匂いを嗅ぐ感覚】があります。

嗅覚の役割はいくつかありますが、まず物理的に匂いを嗅ぎ分けることで身の安全を守ることに役立ちます。(食べ物が腐ってないかかいだりしますよね)
また、匂いと記憶は強く結びついていると言われているので、香りを嗅ぐと当時の思い出も蘇ってくるような経験をした人も多いのではないでしょうか。

それ以外にも感覚的に使う嗅覚として「あの人うさんくさいなぁ」とか「きな臭い」など、慣用句として使われていたりもします。

アロマオイルで心身をリラックスさせる

私たちの嗅覚は心身に大きな影響を与えています。
感覚を刺激するとあらゆる不調の改善やパフォーマンス向上に役立つのです。

COHPLUSでは普段のレッスンでアロマを利用することはありません。
その理由はシンプルで、人によって好みが違ったり、特定の記憶に結びついている可能性があるものは避けてレッスンを行いたいからです。

ですが、セルフケアの際に自分の大好きな香りを楽しみながら「嗅覚」を上手に利用して心身を整えていくことは可能です。
目的によっては香りがあった方がスムーズに心と体が調和できるかもしれませんね。

そこで今回は、手軽にご自愛できるアイテムをご紹介します。
CURE:RE TERACE」さんで出会ったアロマスティック。使ってみましたが、とても優秀。

f:id:mihokimura:20200109123100j:plain
新宿にある本店
f:id:mihokimura:20200109124023j:plain
外観はこんな感じ。お洒落。
f:id:mihokimura:20200109124128j:plain
掌サイズ。(ひたすらにわたしの手が大きい)
f:id:mihokimura:20200109124251j:plain
スティック本体はポーチにもすっぽり入るサイズ。

わたし個人的に、見た目が美しいものが大好きなのですが、
このアロマスティックはシックな外見で持ち運びもしやすいと思ったのも気に入った理由です。

このアイテム、都内で整体スタジオを数店舗している整体のプロの方が
「気軽にセルフケアできるものがあれば…」というところから開発をはじめた様です。

きっといつも以上に座る時間が長かったりして、身体にも負担がかかっている人が多いのではないかなと思います。
そんな時に思い出してはこのスティックを気になるところに塗り塗りして過ごすのは、立派なご自愛ですよね。

キュアレオーガニックアロマの特徴

わたし個人的には、健康グッズの類って、実を言うとほとんど使わないんです。
理由は色々ありますが、自分で利用してみて「良い」と思ったのはこのアロマスティックが初めてかもしれません。

そんなアロマスティック、一般に売られているものとなにが違うのか?

一番の効能は「塗るだけでつらい肩コリ、首のハリが消えて楽になる」というもの。
初めはわたしも半信半疑でしたが、実際に使ってみたら本当に筋肉の緊張が変わるからびっくりです。

オイルが筋肉を柔らかくする精油の特殊配合なのが理由でした。
香りもオーガニックアロマを使用しているのでナチュラルにいい匂い。

レッスン中には無駄な香りをさせないために、香水など一切つけないのですが
香りは強すぎることもなく、プライベートはもちろん、お仕事中も気にならないで使えるかも?と思いました。

アロマスティックの香りの種類が柑橘系。
精油独特の鼻に付く感覚はなく、スーっと身体に染みていく感じです。

成分もシンプルで

  • ホホバ種子油
  • ローズマリー葉油
  • レプトスペルムムペテルソニイ油
  • ニュウコウジュ油
  • マスティクス葉油
  • レモン果皮油

成分表の文字数が少ないのは良いですよね。余計なもの入っていないって感じで。

使ってみた効果を可視化してみた

使いやすさは、なんとなく伝わったかなと思います。
実際にどれくらいの効果があったのか、ビフォーアフターで写真に撮ってみました。

分かりやすく、前屈で比較した結果です。
(ちなみにこの日のわたしのコンディションは、腰が重くて重くてしんどい日でした)

まず、ふつーに前屈した時の様子がこちら。

f:id:mihokimura:20200109125647j:plain
背中や腿裏というよりふくらはぎが邪魔をしてる感じですね〜

そして、まず【嗅覚】を利用するために、アロマスティックの香りをただかいでみました。
塗りもせず、ただ鼻から息を吸って香りを感じただけです。すると・・・

f:id:mihokimura:20200109125824j:plain
「わー!さっきより楽ちん!!!!」

突っ張っていた膝裏に柔らかさが戻り、ふわ〜っと楽に前屈ができたのが分かりますね。面白い。

理由を考えてみたところ、アロマスティックに配合されている成分を嗅覚で感じることで
脳→筋肉への指令が変化したからではないかと。

※アロマスティックによる効果のエビデンスは取れていないとのこと。

次に、アロマスティックを気になるところに塗ってみました。

重さを感じていた腰にほんの3秒くらい、リップクリームを唇に塗る様な感じで。

すると

f:id:mihokimura:20200109130152j:plain
「わー!さっきよりも地面が近い!!!」

どうですかこの変化。

重かった腰は開放感があり、脚も軽くなった感じで前屈がスムーズに。

素でびっくりでした。

スティックを塗ることで、やはりこれも皮膚を刺激する感覚(触覚)からの影響で脳→筋肉への指令が変化した効果かな〜と。

人間の感覚器って万能!!!!!と感動した瞬間でした。

写真を横並びで比べると一目瞭然…!!!

アロマスティック キュアレ

まとめ

今回は、人間の持つ感覚のうち【嗅覚】を利用すると心身にどんな影響があるのか?というお話から
万能アロマスティックのご紹介でした。

もちろん全身に使えるので安心です。

アロマシリーズいろいろあるみたいなので、気になる方はチェックしてみて下さいね。

f:id:mihokimura:20200109131303j:plain
バーム
f:id:mihokimura:20200109131337j:plain
シャンプー

(アフィリじゃないから、安心してください)

ではでは〜!

  • この記事を書いた人

木村みほ

「自分だって、気遣うべき人だ。」を合言葉に活動中。 おかげ様、の世界を作っていきましょう。 <経歴> 整形外科→リハビリ特化型デイサービス→脳神経外科→COHPLUS代表

-考え方

Copyright© COHPLUS , 2020 All Rights Reserved.